サイトの閲覧を続けると、クッキーおよびプライバシーポリシー、利用規約(改訂版)にご同意いただくこととなります。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

OK

新型コロナ対策としてのAxessソリューション

https://www.teamaxess.com/

冬はスキー、夏はサイクリング ― 年間を通して訪れるゲストを楽しませてくれるザンクト・コロナ・アム・ヴェクセル(オーストリア)では、Axessのソリューションでチケット販売を100%オンラインに移行し、引き換えも完全に非接触で行っています。

冬はゴージャスなスキーリゾート、夏はサイクリング天国というザンクト・コロナ・アム・ヴェクセル(オーストリア・ニーダーエステライヒ州)。体験型施設「ザンクト・コロナ・アム・ヴェクセル」は長年の経験から、幅広い年齢層のゲストに様々なインスピレーションを与えてくれます。総面積70,000m2の敷地内には子供用のスキーコースやチャレンジ精神をくすぐるボブスレーコースなどあらゆる客層を満足させるエリアが広がり、家族全員にとって最高の一日を約束してくれます。

Axessシステムの導入計画は当初、オンライン予約を拡大し、様々な場所で随時チケットの検札を行うことを主な目的とし、サマーオペレーションのリフト営業から始まりました。実現に向けて、軽量で一日中持ち歩いても疲れないハンディ検札端末Axess HANDHELDSが選択されました。

現在では、耐久性の高い開閉式入場ゲートAX500 Smart Gates NG Flapがエリアの入口で入場管理を行っています。 ゲートに取り付けられたアンテナが有効なICチケットを検知すると、遮断バー(フラップ)が開きます。バーが開閉する仕組みの秘密はセンサーにあります。人がゲートに近づいてくるとセンサーが感知してバーが開き、その後、人がゲートを通過しきったことを感知した別のセンサーがバーを閉めます。一連の流れは全て完全非接触で、ゲートに触れる必要は一切ありません。

新型コロナウイルスによる制限にも関わらず、ザンクト・コロナは意気消沈することなくこの状況を新しいチャンスと見ています。例えば、Axessが提供するソリューションにより、通常のチケット販売が100%オンラインに移行しました。現在、チケット窓口は誤って購入してしまったチケットの再発行など、特殊なケースでのみ利用されています。このほか、木造の廊下に佇むように設置された引換機Axess PICK UP BOX 600がスピーディーかつ非接触でチケットの引き換え手続きを行います。この引換機は、来場者が事前にオンライン購入したチケットを一瞬で発券するもので、購入時に送付されるQRコードをスマートフォンに表示させるか、印刷して読み取り部分にかざすだけで、チケットがチャージされたICカードが発券されます。
PICK UP BOXは混雑防止のため、発券されたICカードを手にしたゲストがそのまま前方に歩き去るいわゆる「ウォークスルー方式」でもご利用いただけます。利用方法はオンラインチケットショップで解説されており、スムーズにご利用いただけます。さらに、現地ではアリをモチーフにしたご当地キャラクターの「コロナ」がお客様をお迎えするほか、繁忙期には従業員も加わってご案内します。

また、エリア全体の人の分布を最適化するための特別措置として、ゲストはチケット購入の際に、午前中、午後、夕方から希望する時間帯を選択する設定になっています。もちろん、各時間帯のチケットは枚数を制限しています。

未来に向けた新しいコンセプトに大きな可能性を見出すザンクト・コロナ・アム・ヴェクセルのカール・モルゲンベッサー社長は、次のようにコメントしています。「従来、お客様はオンラインでチケットを買いたがらないと言われてきました。これは完全に誤解です。いただいた感想は全て肯定的なもので、チケットのオンライン購入や1日をいくつかの時間帯に区切ることは非常にあたかかく受け入れられました。時間帯を区切ることでお客様は行列に並ぶ必要もなく、より多くの時間をゲレンデで過ごすことができるのです。投光照明により、夕方の時間帯では夜の7時までスキーを楽しんでいただくことができます。定員制やお客様管理は、顧客満足度をより高め、売上も増加させるはずですし、また、そのようになるでしょう。」

ザンクト・コロナ・アム・ヴェクセルでは今後、Axessとの多くの協業が期待されています。発券や入場管理だけでなく、リピート予約や希望するアクティビティの申し込みをオンラインで行えるよう、山全体がゲストに向けた一種のプラットフォームとなる計画です。

3 ピクチャー
閉じる
3 ピクチャー

ニュース

Axessのプロジェクト、イベント、R&Dやニュースなどの最新情報を世界中からお届けします。

08.09.2021

カタルーニャの列車とスキー場で自動改札が活躍

カタルーニャ公営鉄道(スペイン)がバル・デ・ヌリア(ピレネー山脈)スキー場に向かうバル・デ・ヌリア登山鉄道に、アクセスの自動改札機とオンラインチケットシステムを導入しました。このプロジェクトはデジタル化戦略の一環で、列車およびスキー場における人数をコントロールするものです。

19.07.2021

マイスレドボカードの引き換えはピックアップボックスで

オーストリア人のトニー・シュポーナーが1955年にオーストラリアで未来のスキー場候補地を探し求めていた時、半世紀以上の時を経てその場所がどうなっているか、果たして予想ができたでしょうか。オーストラリアを代表するスキー場に成長した「スレドボ(Thredbo)」は、2020年にワールドスキーアワードを受賞しています。デジタル化へのパイオニアでもあるスレドボがアクセスのピックアップボックス600を導入しました。

26.05.2021

ラ・ミュールの「小さな列車」が運行を再開~最高の旅を

2010年10月に発生した土砂崩れにより不通となっていたフランス東部グルノーブルの南に位置するラ・ミュールの「小さな列車(プティ・トラン)」の線路が、11年ぶりの復旧を果たします。サン・ジョルジュ・デ・コミエとラ・ミュール(イゼール県)を結ぶこの観光列車は、今年6月に再開されます。これに伴い、運営会社のEdeis社はアクセスの最新の入退場管理システムを導入しました。