サイトの閲覧を続けると、クッキーおよびプライバシーポリシー、利用規約(改訂版)にご同意いただくこととなります。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

OK

マイスレドボカードの引き換えはピックアップボックスで

https://www.teamaxess.com/

オーストリア人のトニー・シュポーナーが1955年にオーストラリアで未来のスキー場候補地を探し求めていた時、半世紀以上の時を経てその場所がどうなっているか、果たして予想ができたでしょうか。オーストラリアを代表するスキー場に成長した「スレドボ(Thredbo)」は、2020年にワールドスキーアワードを受賞しています。デジタル化へのパイオニアでもあるスレドボがアクセスのピックアップボックス600を導入しました。

マイスレドボカードをピックアップボックスで

アクセスピックアップボックス600はスレドボのデジタル革命の要です。来場者のデジタル情報と紐いたマイスレドボカードがキーとなり、スキー場のゲートを通過できるほか、エリア内ショップにおけるリフト券やレッスン、イベントチケットなどの非接触購入も可能です。マイスレドボカードは24時間稼働のアクセスピックアップボックス600でいつでも簡単に受け取れます。

いつでも引き換え

アクセスピックアップボックス600は現地では「マイスレドボカードキオスク」と呼ばれ、マイスレドボカードの引き換え用にエリア内の3か所(フライデーフラット、バレイターミナルおよびジンダビンのナゲッツクロッシング)に設置されています。オンライン購入時に送付されるQRコードをスマートフォンに表示させるか、プリントアウトしたものを持参し、ピックアップボックスにかざすだけでカードが発行されます(マイスレドボカードのアカウントにプロフィール写真をアップロードする必要があります)。

3 ピクチャー
閉じる
3 ピクチャー

ニュース

Axessのプロジェクト、イベント、R&Dやニュースなどの最新情報を世界中からお届けします。

08.09.2021

カタルーニャの列車とスキー場で自動改札が活躍

カタルーニャ公営鉄道(スペイン)がバル・デ・ヌリア(ピレネー山脈)スキー場に向かうバル・デ・ヌリア登山鉄道に、アクセスの自動改札機とオンラインチケットシステムを導入しました。このプロジェクトはデジタル化戦略の一環で、列車およびスキー場における人数をコントロールするものです。

26.05.2021

ラ・ミュールの「小さな列車」が運行を再開~最高の旅を

2010年10月に発生した土砂崩れにより不通となっていたフランス東部グルノーブルの南に位置するラ・ミュールの「小さな列車(プティ・トラン)」の線路が、11年ぶりの復旧を果たします。サン・ジョルジュ・デ・コミエとラ・ミュール(イゼール県)を結ぶこの観光列車は、今年6月に再開されます。これに伴い、運営会社のEdeis社はアクセスの最新の入退場管理システムを導入しました。

25.05.2021

ハイエンドな展示場MEETTトゥールーズ

フランス南部に位置するトゥールーズで新たに開業した展示・国際会議場MEETTは、現代建築の粋を集結し、最先端の設備を備えています。運営会社のトゥールーズ・イベヌモン(Toulouse Évènements)は、MEETTの来場者・出展者管理にアクセスのシステムを選定しました。