サイトの閲覧を続けると、クッキーおよびプライバシーポリシー、利用規約(改訂版)にご同意いただくこととなります。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

OK

オイカラガイがAxessでシステムを一新

https://www.teamaxess.com/

カザフスタンで最も風光明媚な地域の一つとされる古都アルマティ東部に位置する「オイカラガイ森のおとぎばなしスキー場」は開業10周年を迎えました。Axessは、この大きな節目を迎えるにあたって実施された大規模な設備更新に、入場管理システムをはじめとする様々なソリューションを提供しました。

様々なレベルのスロープ(全長13km)がウィンタースポーツの熱狂的なファンをひきつけるオイカラガイ森のおとぎばなしスキー場は、11基のリフトで1時間あたり9000人のゲストを輸送します。特にファミリー層にターゲットを絞ったこのリゾートは、冬はスキー、夏はクライミングと、1年を通じて様々な客層に向けて多種多様なアクティビティを提供しています。

レンタル用具を各種取り揃えたカウンターでは、AxessのレンタルシステムAxess RESORT.RENTALがスピーディーな手続きと、安全かつ快適なサービスをお約束します。来場者データやレンタルのお申し込み手続きなどを一元管理し、個人だけでなく団体のお客様にも最適化されたプロセスで対応します。

インストラクターによるスキーやスノーボードのレッスンは、窓口のAxess SMART POSで予約できます。また、オンラインなら、インストラクターの空き時間を見ながら数クリックでプライベートレッスンを簡単に予約できます。レッスンが変更またはキャンセルされた場合は、参加者とインストラクターにSMSのプッシュ機能やメールで通知されます。

2020年11月には、引換機のAxess PICK UP BOX 600が3台導入されました。Axess WEBSHOPで購入した1日券や1週間券がチャージされたICカードが発券される便利なソリューションです。スキー場内の各所に設置されており、人との接触は一切なく、オンライン購入時に送付されるQRコードをかざすだけで、完全非接触でリフト券を入手できます。

リゾート内には計49台の入場ゲートAX500 Smart Gates NGが導入されています。 リフト乗り場のゲートに取り付けられたアンテナがICリフト券を検札、リフト券の有効性が確認されると人感センサーにより非接触で遮断バーがし、ハンズフリーで通過できます。通過後もセンサーにより遮断バーが自動的に閉まります。

リフト券窓口には16台の ICカードリーダライタAxess SMART PAD 60013台のICカードプリンターAxess SMART PRINTER 600 が導入されました。SMART PAD 600に内蔵されたコントローラがデータベース参照または単体でリフト券の有効性をチェックします。スピーディーな発券を行うスリムなSMART PRINTER 600ISO15693とISO14443規格準拠のICカードの印刷、消去、書き込み、読み取りを一回の動作で行う多機能プリンターです。 

レストランなどの注文管理や在庫管理を行うAxess RESORT.F&Bもリゾートの運営に大きく寄与しています。現場の要望に対応したわかりやすい画面が作業効率をアップします。注文や商品を一元管理するソフトウェアで在庫を見やすく表示、在庫の追加なども簡単で、再注文や在庫追跡を支援します。

また、天候やグルメ、イベント、キャンペーン、リフト券など、リゾートのあらゆる情報をスマートフォン経由で直接ゲストにお届けするアプリAxess CONNECT.APPがリゾートの価値を高めます。リフト券の購入、キャンペーンや特典の予約、各種SNSへの投稿なども簡単です。お客様プロフィールを充実させることで、お好みにあったレジャープログラムのご案内を受け取ることもできます。

さらに、体系的に設計された顧客管理システムAxess CONNECT.CRMがお客様とのよりよいコミュニケーションを実現します。Axess DATACENTERで一元管理される顧客データからお客様のニーズをより正確に把握することで、さらにお客様一人一人に合わせたサービスの提供が可能になります。マーケティングの一環として、使いやすいニュースレターツールを駆使して作成するニュースをSMSやメールなどで配信できるほか、ゲーム的要素を取り入れたランクアップシステムもご用意しています。

さらに魅力を増したオイカラガイ森のおとぎばなしリゾートを支えるAxessの革新的なソリューションをぜひご検討ください。

ニュース

Axessのプロジェクト、イベント、R&Dやニュースなどの最新情報を世界中からお届けします。

26.05.2021

ラ・ミュールの「小さな列車」が運行を再開~最高の旅を

2010年10月に発生した土砂崩れにより不通となっていたフランス東部グルノーブルの南に位置するラ・ミュールの「小さな列車(プティ・トラン)」の線路が、11年ぶりの復旧を果たします。サン・ジョルジュ・デ・コミエとラ・ミュール(イゼール県)を結ぶこの観光列車は、今年6月に再開されます。これに伴い、運営会社のEdeis社はアクセスの最新の入退場管理システムを導入しました。

25.05.2021

ハイエンドな展示場MEETTトゥールーズ

フランス南部に位置するトゥールーズで新たに開業した展示・国際会議場MEETTは、現代建築の粋を集結し、最先端の設備を備えています。運営会社のトゥールーズ・イベヌモン(Toulouse Évènements)は、MEETTの来場者・出展者管理にアクセスのシステムを選定しました。

07.05.2021

スマートなシステムが支えるザグレブの新ケーブルカー

クロアチアの首都ザグレブでシティロープウェイ構想が初めて浮上してから20年。2021年についに実現したこの構想に、アクセスも参画しています。ザグレブ市内と、スキーのワールドカップが開催されたスリイェメスキー場を結ぶ野心的なプロジェクトです。